ツーリパ・フミリス [Index] [Back]

Tulipa humilis cv. Rosea Caerulea Oculata

Tulipa humilis cv. Rosea Caerulea Oculata

シリアからレバノン、トルコ、イランおよびロシアのコーカサス地方が原産です。岩山の斜面に生えます。花はピンク色で真ん中は黄色です。写真は園芸品種の「ロゼアカエルレアオクラータ(cv. Rosea Caerulea Oculata)」で、花は淡いピンク色に青色の真ん中です。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa humilis。
英名はありません。  
Tulipa humilis belongs to the Liliacea (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Syria, Lebanon, Israel, Turkey, Iran, and the North Caucasus region of Russia. This herb grows on rocky mountain slopes. The flowers are pink with yellow centers. The photos are a cultivar 'Rosea Caerulea Oculata' which has pale pink with a blue center flowers. 
富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp