ツーリパ・ネウストレウバエ

Tulipa neustreuvae

中央アジアが原産です。高さは15〜20センチほどになり、3月中旬
ごろの早咲きです。花被片は黄色で、外側に黄緑色の縞模様がは
いります。
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa neustreuvae。
英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp