ツーリパ・タルダ

Tulipa tarda

Tulipa tarda

Tulipa tarda

Tulipa tarda

中央アジアのトルキスタン地方が原産です。1933年に天山山脈で自生地が発見されたといいます。矮性で高さは10センチほどしかありません。4月中旬から下旬にかけて、明るい黄色の花を咲かせます。花被片の先端は白くなります。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa tarda。
英名はありません。 
Tilipa tarda belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Turkestan of Central Asia. The the indigenous lands was discovered in the Tian Shan mountain range in 1933. This herb is dwarf and its height is only about 10 cm. Bright yellow flowers will bloom from the middle of April to the end of April. The tip of the tepals are white. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年02月18日撮影。
[中2・下] 富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、
2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp