ツーリパ・ツルケスタニカ

Tulipa turcestanica

Tulipa turcestanica

Tulipa turcestanica

Tulipa turcestanica

Tulipa turcestanica

Tulipa turcestanica

中央アジアのキルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンそれに新疆ウイグル自治区が原産です。高さは10〜15センチになり、それぞれの茎から青みがかった、長さ15センチほどの葉を、2〜4個ずつだします。葉の縁や先端はピンク色がかかります。3月から5月ごろ、1〜12個の星形の花を総状につけます。花はアイボリーホワイトからピンクがかった赤色で、基部に黄色からオレンジ色の斑があり、それは花被の3分の1くらいまで伸びています。香りは、不快だとよく表現されます。
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa turcestanica。
英名は Turkestan tulip。 
Turkestan tulip (Tulipa turkestanic) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to central Asia (Kyrgyzstan, Tajikistan, Uzbekistan, and Xinjiang). It grows up 10-15 cm tall, with 2-4 thin glaucous leaves up to 15 cm long on each stem. The margins and tips have a pinkish color. This plant produces 1-12 star-shaped flowers, grouped in a raceme from March to May. The flowers are ivory white to pinkish red, with a yellow to orange basal blotch, which extends to about a third of the tepal. The smell is often described as unpleasant.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月17日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年01月23日撮影。
[中3] 同上にて、2006年01月25日撮影。
[中4・下] 千葉県香取市大角にて、2016年04月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp