ツーリパ・ウルミエンシス

Tulipa urumiensis

Tulipa urumiensis

イランの北西部にあるウルミヤ湖の周辺が原産です。矮性種で、高さは18センチほどになります。葉は狭く、花は明るい黄色で、外側には赤茶色の肋があります。葉と花は両方とも地面に近接します。花は4月に咲きます。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa urumiensis。
英名は Urumiya tulip。 
Urumiya tulip (Tulipa urumiensis) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to along Lake Urumiya in northwestern Iran. It is a dwarf species and grow up to 18 cm tall. The leaves are narrow and the flowers are bright golden yellow with reddish brown ribs on the outer side. This plant holds both its leaves and flowers close to the ground. The flowers bloom in April. 
富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp