ツーリバ・ヴヴェデンスキー [Index] [Back]

Tulipa vvedenskyi

Tulipa vvedenskyi

Tulipa vvedenskyi

Tulipa vvedenskyi

中央アジアの天山山脈が原産です。高さは20〜25センチになります。葉は灰緑色で、ほとんど波打ちひれ伏したタコに似ています。花は美しくて大きく、明るい橙赤色で中心に黄色があり、4月に咲きます。名前は、ロシアの植物学者であってアレクセイ・イワノビッチ・ヴヴェデンスキー(1898〜1972)に因みます。 
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa vvedenskyi。
英名は Vvedensky's tulip。 
Vvedensky's tulip (Tulipa vvedenskyi) belongs to the Liliaceae (the Lily Family). It is a perennial herb that is native to the Tian Shan Range of Central Asia. It grows up a height of 20-25 cm. The leaves are grayish-green and like a nearly wavy prostrate octopus. The flower is beautifull large, bright orange-red with a yellow center and bloom in April. It is named for the Russian botanist Aleksej Ivanovich Vvedensky (1898-1972) . 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年01月25日撮影。
[中2・下] 富山県砺波市「砺波チューリップ公園」にて、
2017年04月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp