ツーリパ・ブベジェンスキー

Tulipa vvedenskyi

Tulipa vvedenskyi

中央アジアの天山山脈が原産です。高さは20〜25センチになりま
す。春の中頃に、花茎を伸ばして赤色とオレンジ色の花を咲かせま
す。種名は、20世紀のロシアの植物学者アレクサンドル・ブベジェン
スキー(Aleksandr Ivanovich Vvedensky)に因みます。
ユリ科チューリップ属の多年草で、学名は Tulipa vvedenskyi。
英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp