つるまんねんぐさ (蔓万年草)

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

Sedum sarmentosum

朝鮮半島や中国東北部が原産です。わが国へも古くから帰化していたものと考えられています。都市近郊に多く、石垣や河原などに生えます。茎は紅色を帯び、花をつけない茎は地面を這います。6月から7月ごろ、黄色い花を咲かせます。 
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum sarmentosum。英名は Stringy stonecrop。 
Stringy stonecrop (Sedum sarmentosum) belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). It is native to the Korean Peninsula and northeastern China. It is considered to have been naturalized to Japan for a long time. Many in the suburbs of the city, they grow in stone walls and river beds. The stems get reddish and the stems with no flowers crawl the ground. Yellow flowers will bloom from June to July. 
[上・中1] 長野市松代温泉にて、2005年06月10日撮影。
[中2〜5・下] 山形県小国町玉川にて、2017年06月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp