つめれんげ (爪蓮華)

Orostachys japonicus

Orostachys japonicus

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに朝鮮半島や中
国に分布しています。暖地の岩上や屋根の上などに生え、高さは15
センチほどになります。葉は多肉質でロゼット状につき、先端は針状
に尖ります。9月から11月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、白
い花を咲かせます。花後、その株は枯れますが、短い匍匐枝をだし
て小株をつくります。
ベンケイソウ科イワレンゲ属の常緑多年草で、学名は Orostachys
japonicus。英名はありません。
愛知県春日井市細野町「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp