つるはななす(蔓花茄子)

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

Solanum jasminoides

南アメリカのブラジル、エクアドル、パラグアイに分布しています。わが国に自生する「やまほろし(山保呂之)」と同じ仲間です。蔓性で潅木状になり、長さは4〜5メートルになります。5月から晩秋ごろまで、星形の花を咲かせます。咲き始めは薄紫色で、時間がたつと白色に変化していきます。 
ナス科ナス属の半常緑蔓性木本で、学名は Solanum jasminoides。
英名は Potato vine。 
Potato vine (Solanum jasminoides) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a semi-evergreen woody vine that is native to Brazil, Ecuador and Paraguay. This vine is shrubby and can reach 4-5 m long. The stellate flowers come in clusters from May to late fall. They are pale purple at beginning and turn in white gradually. 
[上・中1] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、
2009年07月01日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中3・中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2006年03月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年05月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8〜10・下] 鹿児島県指宿市「フラワーパークかごしま」にて、
2017年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp