つきぬきにんどう (突抜忍冬)

Lonicera sempervirens

Lonicera sempervirens

Lonicera sempervirens

Lonicera sempervirens

アメリカの東・南部、コネチカット州からフロリダ州それにテキサス州
にかけて分布しています。蔓性で長さは3〜5メートルになります。
楕円形の葉は対生しますが、花序のすぐ下の葉だけは合着して、花
序が突き抜けているように見えます。5月から9月ごろ、紅色の筒状
花を咲かせます。庭木や生垣などに植栽されています。
スイカズラ科スイカズラ属の常緑小低木で、学名は Lonicera
sempervirens。英名は Trumpet honeysuckle。
Trumpet honeysuckle (Lonicera sempervirens) belongs to Caprifoliaceae
(the Honeysuckle family). It is an evergreen shrub that is distributed to
eastern and southern United States; southward from Connecticut to
Florida, west to Texas. This shrub is a long trailing vine and can reach 3-5
m long. The leaves are elliptic and opposite, thought the leaves beneath
flowering cluster are connate, and the flowering cluster seems to shoot out
of the leaves. Rose-pink tubular flowers bloom in May to September. This
shrub is often planting as a garden tree or hedge.
[上・中1] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中2・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2004年06月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp