つるにちにちそう (蔓日々草)

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

Vinca major

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。今ではわが国の各地やアメリカにも広く帰化しています。半日陰でもよく育ち、匍匐茎をだして広がります。葉は卵円形で光沢があり、対生します。3月から秋にかけて、淡い青紫色の花を咲かせます。
キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の常緑小低木で、学名は Vinca major。英名は Greater periwinkle。
The Greater periwinkle (Vinca major) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is an evergreen shrub that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea. This shrub is naturalized widely in Japan and USA nowadays. It grows well in semi-shadow places and spreads by stolons. The leaves are oval, glossy and oppisite. The pale blue-purple flowers come in March to fall.
[上・中1] 茨城県神栖市高浜にて、2008年05月28日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年03月14日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2008年10月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] アメリカ・カリフォルニア州「ビッグサー海岸」にて、
2004年04月14日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中7] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] 千葉県東庄町舟戸にて、2009年04月20日撮影。
[中9] クロアチア・ドゥブロニク「ロクルム島」にて、
2012年05月03日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中10] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年11月19日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp