つばめおもと (燕万年青)

Clintonia udensis

Clintonia udensis

Clintonia udensis

Clintonia udensis

Clintonia udensis

わが国の本州、奈良県以北から北海道、それに中国南西部からヒマラヤにかけて分布しています。山地帯から亜高山帯の林の中に生え、高さは20〜30センチになります。葉は根生葉で、「おもと」に似ています。6月から8月ごろ、花茎を伸ばして白い花を咲かせます。果実は液果で、秋に濃藍色に熟します。 
ユリ科ツバメオモト属の多年草で、学名は Clintonia udensis。
英名はありません。 
"Tsubame-omoto" (Clintonia udensis) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native from Nara prefecture of Honshu north to Hokkaido, as well as south-western China and the Himalayas. This herb grows in montane to sub-alpine forests and it can reach 20-30 cm in height. The leaves are basal and resemble to the "Omoto" (Rohdea japonica). The white flowers bloom atop of flowering stalks from June to August. The fruits are berries and ripen dark indigo blue in fall. 
[上・中1〜2] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中3・下] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、2014年09月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp