つぼみおおばこ (蕾大葉子)

Plantago virginica

Plantago virginica

Plantago virginica

北アメリカが原産です。わが国へは大正時代のはじめに帰化しまし
た。現在では関東地方以西に広がっています。名前は、花冠がほと
んど開かず、いつまでもつぼみのように見えることから。葉は根生葉
で全体に白い毛で被われています。5月から7月ごろに花茎を伸ばし
て小さな花を穂状につけます。茎が直立するこから、別名で「たちお
おばこ(立ち大葉子)」とも呼ばれます。
オオバコ科オオバコ属の一年草または二年草で、学名は Plantago
virginica。英名は Dwarf plantain, Pale-seed plantain。
Dwarf plantain belongs to Plantaginaceae (Plantain family). It is an annual to
biennial herb that is native to North America. This herb was introduced into
Japan in Taisho Era (about 90 years ago), and it is naturalized widely
westward from Kanto district of Japan. The basal leaves are covered with
white hairs. The spikes on the erect stalks are borne and bloom small
flowers from May to July.
[上・中] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp