つるぼ (蔓穂)

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

Scilla scilloides

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりの良い草原や林縁に生え、高さは20〜40センチになります。地中には黒褐色の鱗茎があり、茹でて水に晒すと食用にもなります。8月から9月ごろ、葉のあいだから花茎を伸ばし、総状花序に薄紫色の花を咲かせます。別名で「さんだいがさ(参内傘)」とも呼ばれます。
ユリ科ツルボ属の多年草で、学名は Scilla scilloides。
英名はありません。
The "Tsurubo" (Scilla scilloides) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny grasslands or forest edges and can reach 20-40 cm in height. The blackkish brown bulb is edible though necessary to boil and soak in water. The raceme is borne on the flowering stalk and blooms pale purple flowers.
[上・中1・中7] 千葉県香取市大角にて、2010年09月29日撮影。
[中9・中10] 同上にて、2012年09月18日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年09月29日撮影。
[中4] 同上にて、2003年09月07日撮影。
[中3] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中5] 岐阜県中津川市神坂にて、2007年09月06日撮影。
[中6] 茨城県神栖市土合本町にて、2009年09月24日撮影。
[中8] 大阪府高槻市原「摂津峡」にて、2007年09月19日撮影。
[中11・下] 栃木県日光市中三依「湿生園」にて、
2013年08月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp