ツルネラ・ウルミフォリア

Turnera ulmifolia

Turnera ulmifolia

Turnera ulmifolia

Turnera ulmifolia

メキシコから西インド諸島が原産ですが。今では他の熱帯地域にも
帰化しています。濃い緑色の葉は長楕円形から卵形で鋸歯があり、
高さは60〜90センチほどになります。明るい黄色の花を咲かせま
すが、朝に開いて午後になるとまもなく閉じる一日花です。花色には
暗い黄色から、鮮やかな黄白色まであります。
ツルネラ科ツルネラ属の常緑多年草で、学名は Turnera ulmifolia。
英名は Yellow alder。
Yellow alder belongs to Turneraceae (Turnera family). It is an evergreen
perennial herb that is native to Mexico and Caribbean, and naturalized in
other tropical areas nowadays. This herb can reach 60-90 cm in height.
Leaves are dark green, oblong to ovate with toothed edges. Bright yellow
flowers open at morning and wither at afternoon. The flower has varied
colors, dark yellow to bright whitish yellow.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2006年12月21日撮影。
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp