つるおどりこそう (蔓踊子草)

Lamium galeobdolon

Lamium galeobdolon

Lamium galeobdolon

Lamium galeobdolon

Lamium galeobdolon

ヨーロッパから西アジアに分布しています。肥沃なローム性酸性土壌と半日陰を好み、蔓を伸ばして広がります。葉は卵形からほとんど円形で、細かい毛に被われ、縁には鋸歯があります。3月から4月ごろ、黄色い花を咲かせます。園芸品種もあり、庭などのグランドカバーとしても利用されます。 
シソ科オドリコソウ属の常緑多年草で、学名は Lamium galeobdolon(syn. Lamiastrum galeobdolon)。英名は Golden dead nettle、Yellow archangel。 
Golden dead nettle (Lamium galeobdolon) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial herb that is native to Europe and West Asia. The herb prefers fertile, loamy, acid soils and semi-shade places, and it extends the vines. The leaves are ovate to nearly round, serrated and covered with fine hairs. The yellow flowers bloom from March to April. There are cultivated varieties, and it is used as a ground cover plant for gardens. 
[上] ベルギー・エノー州モンス市郊外にて、200-年--月--日撮影。
(photo by Benoît Durieux)
[中1・中2] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中3・下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp