つるそば (蔓蕎麦)

Persicaria chinensis

Persicaria chinensis

Persicaria chinensis

Persicaria chinensis

Persicaria chinensis

Persicaria chinensis

わが国の伊豆半島や紀伊半島、四国、九州それに中国やマレー半
島に分布しています。暖地の海岸近くに生え、分枝して蔓の長さは1
メートル以上になります。葉は皮質で光沢があり対生します。5月か
ら11月ごろ、小さな白い花を咲かせます。果実は冬に黒く熟し、食べ
ると酸味があるといいます。
タデ科イヌタデ属の常緑多年草で、学名は Persicaria chinensis。
英名はありません。
"Tsuru-soba" (Persicaria chinensis) belongs to Polygonaceae (the
Knotweed family). It is a perennial evergreen herb that is native to Izu
Peninsula and Kii Peninsula of Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan and
China, Malay Peninsula. This herb grows in the coastal areas of warm
climate and the vine is branched up to 1 m long. The leaves are leathery,
glossy and opposite. Small white flowers come from May to November.
The fruits ripen black in winter and have an acid taste.
[上・中1] 静岡県伊東市富戸にて、2009年02月22日撮影。
[中2] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。
[中3・中4] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2003年11月14日撮影。
[下] 静岡県熱海市下多賀にて、2009年02月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp