つた (蔦)

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

Parthenocissus tricuspidata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。別名で「なつづた(夏蔦)」とも呼ばれます。枝はつる性で、葉の反対側から巻きひげをだし、樹木や岩などに付着して伸びます。6月から7月ごろ、枝の先に花序をだし、目立たない黄緑色の小さい花を咲かせます。10月ごろには果実は紫黒色に熟し、葉は美しく紅葉します。
ブドウ科ツタ属の落葉蔓性低木で、学名は Parthenocissus tricuspidata。英名は Japanese ivy、Boston ivy。
The Japanese ivy (Parthenocissus tricuspidata) belongs to Vitaceae (the Grape family). It is a deciduous woody trailing vine that is distrubuted to Japan, also the Korean Peninsula and China. This vine climbs up adjascent trees and rocks by tendrils that are opposite side of the leaves. The clusters are borne on the terminal branches and the inconspicuous, small, yellowish-green flowers bloom from June to July. The leaves turn red in fall. The fruits are round berries, ripen in purplish-black.
[上・中1] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市「えびす公園」にて、
2001年10月05日撮影。
[中3・中4] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年12月01日撮影。
[中6・中7] 千葉県香取市大角にて、2010年04月26日撮影。
[中8・中9] イギリス・ドーセット州クライストチャーチにて、
2009年09月28日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中10・下] 静岡県熱海市熱海「錦ヶ浦」にて、
2013年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp