つつちとせらん (筒千歳蘭)

Sansevieria stuckyi

Sansevieria stuckyi

Sansevieria stuckyi

アフリカ東部のジンバブエが原産です。「サンセベリア(S. trifasciata)」
と同じ仲間で、地下茎から葉をだします。葉は肉厚の円筒形で、長さ
は1メートルほどになります。花茎を伸ばして、総状花序に黄緑色の
花を咲かせます。
リュウゼツラン科チトセラン属の常緑多年草で、学名は Sansevieria
stuckyi。英名は Snake plant。
Snake plant belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen
perennial herb that is native to Zimbabwe, East Africa. This herb foliates
from the rhizomes. Leaves are cylindrical, succulent and can reach about 1
m long. Yellowish green flowers come in racemes on the flower stalks.
[上] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp