つくばとりかぶと (筑波鳥兜)

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

Aconitum tsukubense

わが国の本州、中部地方以北から関東地方、東北地方南部の太平洋側に分布しています。山地の草原や林縁などに生え、高さは60〜150センチになります。葉は3全裂します。8月から10月ごろ、茎頂や葉腋から散房花序をだし、紫色の花を咲かせます。 
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、学名は Aconitum tsukubense。英名はありません。 
The "Tsukuba-torikabuto" (Aconitum tsukubense) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to Honshu of Japan; northward from Chubu district to the Pacific Ocean Sea Side of Kanto and southern Tohoku district. This herb grows in montane grasslands and forest egdes, and it can reach 60-150 cm in heght. The leaves are tri-dissected. The corymbs are borne atop of stems and axils, and the purple flowers bloom from August to October. 
[上・中1] 長野県塩尻市片丘「高ボッチ高原・鉢伏山」にて、
2005年09月21日撮影。
[中2] 長野県下諏訪町「霧ヶ峰高原」にて、2001年09月16日撮影。
[中3〜中8] 福島県田村市滝根「大滝根山」にて、
2013年09月28日撮影。
[中9〜10・下] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp