つたうるし (蔦漆)

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

Rhus ambigua

わが国の各地をはじめ、千島列島やサハリン、中国に分布しています。山地のブナ林などに生え、気根を出して幹などをよじ登ります。葉は3出複葉で、秋には美しく紅葉します。5月から6月ごろ、葉腋から円錐花序をだし、黄緑色の花を咲かせます。雌雄異株です。うっかり触ると皮膚被れを起こします。
ウルシ科ウルシ属の落葉蔓性木本で、学名は Rhus ambigua。
英名はありません。
"Tsuta-urushi" (Rhus ambigua) belongs to the Anacardiaceae (the Sumac family). It is a deciduous woody vine that is native to throughout Japan, the Kuril Islands, the Sakhalin and China. This vine grows in montane beech forests and climbs up adjacent trees by the aerial roots. The leaves are tri-lobed compound and turn red in fall. The panicles are borne in the axils and the yellowish-green flowers bloom from May to June. It is dioecious. This vine can give you a skin irritation if you touch it accidentally.
[上・中1〜3] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月28日撮影。
[中4] 岐阜県高山市奥穂高温泉郷神坂にて、
2007年08月01日撮影。
[中5・中6] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、
2005年07月17日撮影。
[中7] 岐阜県中津川市蛭川にて、2007年06月07日撮影。
[中8] 栃木県日光市「戦場ヶ原」にて、2010年06月26日撮影。
[中9・中10] 群馬県片品村戸倉にて、2010年10月03日撮影。
[中11] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月13日撮影。
[中12] 同上にて、2012年04月16日撮影。
[中13] 同上にて、2012年05月19日撮影。
[中14・中15] 山形県小国町泉岡にて、2011年11月06日撮影。
[中16・中17] 福島県いわき市「往生山」にて、
2014年04月20日撮影。
[中18〜中21] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[下] 同上にて、2015年09月27日撮影。
[中22〜中24] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp