つわぶき(石蕗)

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

わが国の本州、石川・福島県以南から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。海岸近くに生え、長い柄のある腎円形の葉を束生します。葉に艶(つや)があることから「つやぶき」、転じて「つわぶき」になったといいます。10月から12月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。観賞用のほか、茎は食用にまた葉や根茎は民間薬として利用されます。斑入りの品種もあります。
キク科ツワブキ属の常緑多年草で、学名は Farfugium japonicum。
英名は Japanese silver leaf。
Japanese silver leaf (Farfugium japonicum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen herb that is disrtibuted southward Ishikawa and Fukushima prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in the coastal areas and fascicled kidney-round glossy leaves with long petioles. Yellow flowers come in October to December. The stems are used for food, the leaves and roots are used for herbal medicine.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年10月21日撮影。
[中6] 同上にて、2006年11月23日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中3] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中4] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2006年11月15日撮影。
[中5] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中7] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。
[中8] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中15〜中17] 同上にて、2015年11月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2015年11月20日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中9] 千葉県銚子市「犬吠埼」にて、2007年10月11日撮影。
[中10] 茨城県神栖市「波崎海岸砂丘植物公園」にて、
2009年09月11日撮影。
[中11〜中13] 茨城県北茨城市「五浦美術文化研究所」にて、
2012年11月11日撮影。
[中14] 茨城県北茨城市「長浜海岸」にて、2012年11月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp