つゆくさ (露草)

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

Commelina communis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国南部それにインドに分布しています。道ばたや草地に生え、高さは30〜50センチになります。茎は地面を這ってよく分枝し、節から根を出してふえます。6月から9月ごろ、鮮やかな青い花を咲かせますが、一日花です。花弁の2個は青色で大きく、1個は白くて小さいものです。名前は、朝露に濡れて美しい青い花を咲かせることから。その青い汁は、友禅の下絵を描くのに使われます。
ツユクサ科ツユクサ属の多年草で、学名は Commelina communis。英名は Asiatic dayflower。
Asiatic dayflower (Commelina communis) belongs to the Commelinaceae (the Spiderwort family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, southern China and India. This her grows in roadsides or grasslands, and can reach 30-50 cm in height. The stems crawl on the grounds, and they are much branched and take roots at the nodes. The bright flowers bloom from June to September, and they last one day. The corolla consists of two large blue petals and one small white petal. The dye of petals has been used as a rough sketch for Nishijin weaving.
[上・中1] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、2006年09月10日撮影。
[中2] 同上にて、2003年08月02日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年09月07日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市「戎公園」にて、2004年08月13日撮影。
[中5・中6] 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月10日撮影。
[中7・中8] 福島県昭和村佐倉にて、2012年08月26日撮影。
[中9・下] 山形県小国町小玉川にて、2017年09月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp