ティフォノドルム・リンドレイアヌム

Typhonodorum lindleyanum

Typhonodorum lindleyanum

Typhonodorum lindleyanum

Typhonodorum lindleyanum

Typhonodorum lindleyanum

タンザニアからコモロ諸島、マダガスカル島に分布しています。「くわ
ずいも(Alocasia odora)」に似ていますが、水中に生え、高さは2〜3
メートルになります。幹のように見えるのは偽茎で、大きな鏃形の葉
がつきます。花は大きな白い仏炎苞につつまれます。地下茎は有毒
ですが、「ひがんばな」のように飢饉の時には晒して食用にしたそうで
す。
サトイモ科ティフォノドルム属の常緑多年草で、学名は
Typhonodorum lindleyanum。英名はありません。
Typhonodorum lindleyanum belongs to the Araceae (the Arum family). It is
an evergreen herb that is native to Tanzania, the Comoro Islands and the
Madagascar Island. It resembles "Giant elephant's ear" (Alocasia odora).
This herb grows in water and can reach 2-3 m in height. The pseudostem
looks like the stem and bears large arrowhead-shaped leaves. The flowers
are covered with large, white spathe. The rhizome is poisonous and
contains starches, therefore it has been used for food after soaked in water
in times of dearth.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。
[中3] 同上にて、2005年03月08日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp