ワンピ (黄皮) [Index] [Back]

Clausena lansium

Clausena lansium

Clausena lansium

中国の南部が原産です。いまでは、東南アジアで広く栽培されています。幹や枝に棘がなく、高さは4.5メートルほどになります。葉は羽状複葉で、小葉は3〜5個あります。長い総状花序に小さな白い花を咲かせ、小さな黄色い果実ができます。果実は生食されるほか、ジャムやジュースなどに加工されます。
ミカン科ワンピ属の常緑低木で、学名は Clausena lansium。
英名は Wampee, Wampi。
Wampee belongs to Rutaceae (Citrus family). It is an evergreen small tree that is native to south China. This fruit tree is cultivated widely in Southeast Asia. This tree is thornless and can reach about 4.5 m in height. Leaves are pinnate compound with 3-5 leaflets. Small white flowers in long racemes are followed be small yellow fruits. This fruits are eaten or made into jams, juices and so on.
名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12月撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp