ワラタ

Telopea speciosissima

Telopea speciosissima

オーストラリアのニューサウスウェールズ州に分布しています。中部
の海岸地帯から山地に生え、高さは3メートルほどになります。単幹
またはわずかに分枝し、葉は大きく革質です。春の中頃から初夏に
かけて、茎の先端に真っ赤な花を咲かせます。花序は球形で、赤色
の管状花が緋赤色の総苞片に包まれます。名前は、アボリジニの言
葉で「赤い花」を意味し、ニューサウスウェールズ州の州花となってい
ます。
ヤマモガシ科テロペア属の常緑低木で、学名は Telopea
speciosissima。英名は Waratah。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp