わすれなぐさ (勿忘草)

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides

Myosotis scorpioides 'Blue Muttu'

Myosotis scorpioides 'Blue Muttu'

ヨーロッパからアジアが原産ですが、わが国でもわずかに長野県や北海道に野生化しています。高さは20〜50センチになり、全体に軟毛に被われています。葉は長楕円形から倒披針形で互生します。ただ実際に園芸用としては「えぞむらさき(Myosotis sylvatica)」や「アルペストリス(Myosotis alpestris)」との種間交雑種が流通しています。名前は、この花を恋人のベルタに贈ろうとして、ドナウ川に落ちて亡くなった騎士ルドルフの物語に由来するそうです。春から夏にかけて、小さな青紫色の花を咲かせます。 
ムラサキ科ワスレナグサ属の多年草で、学名は Myosotis scorpioides。英名は Water forget-me-not、Forget-me-not。 
The Water forget-me-not (Myosotis scorpioides) belongs to the Boraginaceae (the Borage family). It is a perennial herb that is native to Europe and Asia. It is partially-naturalized in Japan, Nagano prefecture of Honshu and Hokkaido. This herb can reach 20-50 cm in height, and all parts of plant are covered with soft hairs. The leaves are oblong to oblanceolate and alternate. This herbs are popular in gardens, though they are interspecific hybrids between Myosotis sylvatica and Myosotis alpestris. "Forget-me-not" is derived from the legend that in medieval times, a knight Rudolph and his lady love Bertha. The small bluish purple flowers bloom from spring to summer. 
[上] 長野県木曽福島町新開にて、2005年10月19日撮影。
[中1・中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2005年05月01日撮影。
[中3] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] 栃木県日光市「東京大学付属植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[中7〜中9] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10] 同上にて、2015年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中11・中12] 千葉県香取市大角にて、2014年03月17日撮影。
[中13・下] 同上にて、2016年03月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp