ワシントンやしもどき (ワシントン椰子擬き) [Index] [Back]

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

Washingtonia robusta

メキシコ北西部のソノラ州やバハカリフォルニアに分布しています。高さは25メートルほどになります。葉はやや黄色がかった緑色で、葉柄は1メートル以上、掌状の小葉は長さ1メートル以上になります。葉柄の基部は赤茶色を帯びます。長い花序に、小さな淡い橙桃色の花を咲かせます。果実は球形で、青黒色の核果です。近縁の「ワシントンやし」の同じく、観賞用に栽培されます。ほとんど似ていますが、本種の幹のほうがやや細めです。別名で「おきなやしもどき(翁椰子擬き)」とも呼ばれます。 
ヤシ科ワシントンヤシ属の常緑高木で、学名は Washingtonia robusta。英名は Mexican fan palm。 
The Mexican fan palm (Washingtonia robusta) belongs to the family Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is native to western Sonora and Baja California in northwestern Mexico. This palm grows to 25 m in height. The leaves are yellow-tinged green, have a petiole uo to 1 m long, and a palmete fan of leaflets up to 1 m long. The base of petioles are tinged reddish-brown. The small pale orange-pink flowers bloom in the long inflorescence. The fruits are a spherical, blue-black drupe. Like the closely related the Desert fan palm (Washingtonia filifera), it is grown as an ornamental tree. Although very similar, the Mexican fan palm has a narrower trunk. 
[上・中4] アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ市にて、
2007年03月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1]オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2005年11月08日撮影。
[中5・中6] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp