わた (棉)

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

インドや中央・南アメリカが原産で、いくつかの種が各地で独立して
栽培化されました。インドでは、紀元前1900年ごろにはすでに布を
織っていたといいます。わが国へは平安時代のはじめに渡来しまし
た。熱帯では多年草ですが温帯では一年草となります。8月から10
月ごろ、葉腋に柄のある淡い黄色の花を咲かせます。5枚の花弁は
螺旋状に重なり、基部は暗赤色です。綿毛や綿実油、綿実粕として
広く利用されています。
アオイ科ワタ属の一年草または多年草で、学名は Gossypium
arboreum var. indicum。英名は Cotton。
Cotton (Gossypium arboreum var. indicum) belongs to Malvaceae
(Mallow family). It is an annual or perennial herb that is native to India,
Central and South America. Some species of cotton had been cultivated in
many places individually. Bharata already began to weave cotton in 1900
B.C. It was introduced into Japan in the early Heian Period (about 1200
years ago). This herb is a perennial in the tropical areas, though it is an
annual in the temperate areas. The pale yellow flowers are borne on the
axiles from August to October. The five petals are spirally-arrangement
with dark red bases. The seeds and fluffs are used for cotton cloth,
cottonseed oil and cottonseed meal.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年09月14日撮影。
[中4] 同上にて、2003年09月21日撮影。
[中5] 同上にて、2007年09月25日撮影。
[中6・下] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp