ワトソニア・ボルボニカ [Index] [Back]

Watsonia borbonica

Watsonia borbonica

Watsonia borbonica

Watsonia borbonica

Watsonia borbonica cv.

Watsonia borbonica cv.

南アフリカの西ケープ地方が原産です。砂礫地の斜面に生え、高さは2メートル以上になります。葉は剣状で光沢があります。晩春から初夏にかけて、長い穂状花序をだし、ローズピンク色でトランペット形の花を咲かせます。花後、夏に地上部は枯死します。さまざまな花色の園芸品種があります。
アヤメ科ワトソニア属の多年草で、学名は Watsonia borbonica。
英名は Cape bugle-lily。
Cape bugle-lily belongs to Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to Western Cape of South Africa. This herb grows in rocky or sandy slopes and can reach up to 2 m in height. The leaves are glossy, sword-shaped. The tall spikes are borne and bloom rose-pink, trumpet-shaped flowers in late spring to early summer. This herb is dying back after flowering in summer. There are many cultivars with varied flower colors.
[上・中1〜3] 茨城県神栖市太田新町にて、2012年06月01日撮影。
[中4・下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp