ワックスジンジャー

Tapeinochilus ananasae

Tapeinochilus ananasae

Tapeinochilus ananasae

Tapeinochilus ananasae

Tapeinochilus ananasae

「ジンジャー」は熱帯・亜熱帯の植物ですが、ショウガ科とオオホザキ
アヤメ科に属するものがあります。本種はオオホザキアヤメ科に属し
ます。インドネシアが原産で、高さは3.5メートルほどになります。硬
い蝋質の深紅の苞のなかに、黄色い花を咲かせます。
オオホザキアヤメ科タペイノキルス属の多年草で、学名は
Tapeinochilus ananasae。英名は Indonesian wax ginger。
Indonesian wax ginger belongs to Costaceae (the Costus family). It is a
perennial herb that is native to Indonesia. 'Ginger' is a tropical or semi-
tropical plants, belongs to Zingiberaceae (Ginger family) or Costaceae. This
herb can reach about 3.5 m in height. Yellow flowers come in deep red,
hard and waxy bracts.
[上・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年10月06日撮影。
[中1] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、
2002年03月10日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2008年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp