ワイルドバジル [Index] [Back]

Clinopodium vulgare

Clinopodium vulgare

ヨーロッパのほとんどとアジアの西・中部、それに北アメリカに分布しています。ふつう石灰質や粘土質の土壌にある乾燥した草地やヒースの原などに生え、高さは25〜75センチになります。葉は毛深く卵形または披針形で、鈍鋸歯があります。葉腋に輪生状についた密な花序に、小さなピンク色や藤色または紫色の花を、7月から9月に咲かせます。個々の花には2唇と4個の雄しべ、長い花柱と合着した心皮があります。この葉はハーブとして使われたり、ハーブティーにされたりします。 
シソ科トウバナ属の多年草で、学名は Clinopodium vulgare。英名は Wild basil、Wood basil。 
Wild basil (Clinopodium vulgare) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is distributed to most of Europe, in western and central Asia and in North Africa. This herb grows in dry grassland and heathland, usually on limestone or chalky soils, and up to a height of 25-75 cm. The leaves are hairy, ovate or lanceolate, and have bluntly-toothed margins. The small pink, violet or purple flowers bloom in dense clusters whorled at leaf axils, from July to September. Each flower has two lips, four stamens, a long style and fused carpels. The leaves of wild basil are used as an aromatic herb and to make a herbal tea. 
イギリス・コーンウォール州「ランズエンド岬」にて、2011年08月21日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp