ワインカップ

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

Callirhoe digitata

アメリカの中南部、イリノイ・インディアナ州からテキサス・ルイジアナ州にかけて分布しています。湿った草地などに生え、高さは20〜50センチになります。茎は灰緑色で、葉は縁が波打つものから5深裂するものまであります。茎の上部には葉がほとんどありません。4月から6月ごろ、茎頂に直径2.5〜5センチの紫色から赤紫色をした5弁花を咲かせます。花ははじめカップ形ですが、成熟すると平開します。 
アオイ科カリロエ属の多年草で、学名は Callirhoe digitata。
英名は Wine cup、Poppy mallow。 
Wine cup (Callirhoe digitata) belongs to the Malvaceae (the Mallow family). It is a perennial herb that is native to the central-sourhern United States, from Illinois-Indiana to Texas-Lousiana. This herb grwos in wet grasslands and can reach 20-50 cm in height. The stems are grayish green and the leaves are wavy serrate to penta-partite. There are few cauline leaves at upper part of the stem. The purple to magenta 5-petaled flowers 2.5-5 cm across come on the stem apices from April to June. They are cup-shaped at beggining and spread out when mature. 
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜中6] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、
2007年07月10日撮影。
[中9〜10・下] 同上にて、2014年06月29日撮影。
[中7・中8] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp