ユーカリ (有加利)

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

Eucalyptus sp.

ユーカリ属は、オーストラリアの東南部とタスマニア島におもに分布しています。400〜500種ほどが知られています。高さは15〜55メートルにもなります。葉は卵状楕円形から披針形や線形までと大きな変異があります。コアラの食べる葉として知られていますが、ユーカリ属のなかでも12種しか食べないそうです。アメリカのカリフォルニア州では、ゴールドラッシュの時代から成長の早い「ユーカリ」の植林が盛んに行われるようになりました。 
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus sp.。
英名は Eucalyptus tree、Eucalypt。 
Eucalyptus tree (Eucalyptus sp.) belongs to the Myrtaceae (the Myrtle family). They are tall evergreen trees that are native to southeastern Australia and the Tasmania. The genus has 400-500 species. They can reach 15-55 m in height. The leaves are ovate-elliptic to lanceolate, linear and have many variety in their shapes. This genus is known as Koala's favorite, though Koala can eat only 12 species of Eucalyptus. Eucalyptus tree has been planting widely from the days of Gold Rush in California. 
[上・中1〜2] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市
「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] 同上にて、2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年02月26日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp