ユーカリプツス・サマービューティ [Index] [Back]

Eucalyptus cv. Summer Beauty

Eucalyptus cv. Summer Beauty

Eucalyptus cv. Summer Beauty

オーストラリア原産のフィキフォリア種(E. ficifolia)とプティコカルパ種(E. ptychocarpa)との種間交雑種です。成長が早く、高さは5メートル以上になります。葉は披針形で、幼木では対生、成木では互生します。夏に、ピンク色の雄しべが目立つ花を咲かせます。花弁は萼片と合着して帽子状となり、開花すると落下します。
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus cv. Summer Beauty。英名は Red flowering gum 'Summer Beauty'。
Red flowering gum 'Summer Beauty' belongs to Myrtaceae (Myrtle family). It is an evergreen tall tree that is a interspecific hybrid between E. ficifolia and E. ptychocarpa. This tree grows fast and can reach up to 5 m in height. The leaves are lanceolate and alternate when mature (though opposite when young). The flowers with conspicuous pink stamens come in summer. The petals and sepals are connate and form a calotte that drops off at the same time of bloom.
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州「カンバーランド州有林」
にて、2008年03月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp