ユーカリプツス・グレグソニアナ [Index] [Back]

Eucalyptus gregsoniana

Eucalyptus gregsoniana

Eucalyptus gregsoniana

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の南東部に分布しています。高原に生え、高さは5メートルほどになります。樹皮は滑らかな白色から灰色で、ひも状に剥離します。葉は、光沢のある灰緑色で、披針形、互生します。夏、白色からクリーム色の花を花序に咲かせます。
フトモモ科ユーカリ属の常緑低木で、学名は Eucalyptus gregsoniana。英名は Wolgan snow gum 。
Wolgan snow gum (Eucalyptus gregsoniana) belongs to Myrtaceae (the Myrtle family). It is a small evergreen tree that is native to south-eastern New South Wales, Australia. This tree grows in the highlands and can reach about 5 m in height. The barks are smooth, white or gray and shedding in ribbons. The leaves are lanceolate, glossy, grayish-green and alternate. The white or cream flowers bloom in clusters in summer.
神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp