ユークリニア・ロンギフォリア

Euclinia longiflora

Euclinia longiflora

Euclinia longiflora

Euclinia longiflora

Euclinia longiflora

西アフリカのガーナが原産です。光沢のある倒卵形の葉が対生します。白い花は大きな漏斗形で、長い花筒があり、先端が5裂します。
アカネ科ユークリニア属の常緑低木で、学名は Euclinia longiflora。
英名はありません。
Euclinia longiflora belongs to the family Rubiaceae (the Madder family). It is a small evergreen tree that is native to Ghana in west Africa. The leaves are glossy obovate and arranged in opposite. The flower is large, white funnel-shaped with long corolla tube and five pointed lobes.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2004年01月18日撮影。
[中2〜3・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp