ユーコミス

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

Eucomis sp.

南アフリカが原産です。山地の湿り気のある斜面に生え、高さは30〜60センチになります。葉はロゼット状に叢生し、葉の縁は波打ちます。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして長い総状花序をつけ、白色または淡緑白色の花を咲かせます。先端に苞葉が束のようについて「パイナップル」にように見えます。別名で「パイナップルリリー」とも呼ばれます。
ユリ科ユーコミス属の多年草で、学名は Eucomis sp.(属の総称)。英名は Pineapple plant。
Pineapple plant (Eucomis sp.) belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to South Africa. This herb grows in wettish mountain slopes, and can reach 30-60 cm in height. The leaves are clumping in rosette with undulate edges. The long racemes are borne at the flowering stalks and the white or pale greenish white flowers bloom from July to August. The fasciculate bracts are borne at the flowering stalks and they look like pineapple.
[上・中1〜5] 千葉県香取市大角にて、2011年08月02日撮影。
[中6・中7] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2003年07月16日撮影。
[中8〜9・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp