ユーフォルビア・アビシニカ (巒岳)

Euphorbia abyssinica

Euphorbia abyssinica

Euphorbia abyssinica

エチオピアが原産です。柱状で8稜があり、高さは4.5メートル以上
になります。この稜線が波打っているのは、休眠期に縦方向に縮む
からだそうです。園芸上は「らんがく(巒岳)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
abyssinica。英名はありません。
Euphorbia abyssinica belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Ethipia. This herb is columnar with
8 ribs and can reach up to 4.5 m in height. The ridges are wavy and it
caused by vertical shrinking in the dormant stage.
[上・下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp