ユーフォルビア・アエルギノーサ

Euphorbia aeruginosa

Euphorbia aeruginosa

Euphorbia aeruginosa

Euphorbia aeruginosa

南アフリカのトランスバール地方が原産です。潅木状で、高さは30センチほどになります。青緑色の茎には4〜5稜があります。棘は鋭く、明るい銅色をしています。晩春に黄色い花を咲かせます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia aeruginosa。英名はありません。
Euphorbia aeruginosa belongs to the family Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Transvaal Province of South Africa. This herb is shrubby and can reach about 30 cm in height. The stems are bluish green and 4-5 angled. The spines are acute and bright copper. The yellow flowers come in late spring.
[上] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年01月10日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp