ユーフォルビア・アマック (大戟閣) [Index] [Back]

Euphorbia ammak

Euphorbia ammak

Euphorbia ammak

アラビア半島の南部に分布しています。乾燥地帯に生え、高さは9メートルほどになります。幹は多肉質で、枝は稜のある菱形で、小さな棘と早落性の葉がつきます。花は淡黄色です。園芸上は、「だいげきかく(大戟閣)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の落葉低木で、学名は Euphorbia ammak。英名は African candelabra。
African candelabra belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an deciduous small tree that is native to the southern Arabian Peninsula. This shrub occurs in the dry regions and can reach about 9 m in height. The stem is succulent, the branches are ridged diamond-shaped wit tiny spines and the caducous (short-lived) leaves. The flower is pale yellow.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp