ユーフォルビア・アンティシフィリティカ

Euphorbia antisyphilitica

Euphorbia antisyphilitica

Euphorbia antisyphilitica

Euphorbia antisyphilitica

Euphorbia antisyphilitica

アメリカ・テキサス州西部からニューメキシコ州南部、それにメキシコ
北部に分布しています。石灰岩質の砂礫地に生え、高さは30〜90
センチになります。葉は大変小さく、またすぐに落葉するためほとん
ど見ることができません。鉛筆のように細い茎はワックスに被われて
います。おもに春から夏にかけて、中心部が赤色の小さな白い花を
咲かせます。この茎を煮詰めて、蝋燭や石けん、軟膏などに利用し
たそうです。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑小低木で、学名は Euphorbia
antisyphilitica。英名は Candelilla, Wax euphorbia。
Candelilla (Euphorbia antisyphilitica) belongs to Euphorbiaceae (the Spurge
family). It is an evergreen shrub that is distributed to western Texas,
southern New Mexico and northern Mexico. This shrub grows in
calcareous screes and can reach 30-90 cm in height. The leaves are tiny
and cannot be found because of lose its leaves easily. The stems are pencil-
thin and covered with wax. The small white flowers with red centers bloom
mainly from spring to summer. The stems were used locally to prepare wax
candle, soap or inunction.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 同上にて、2007年11月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp