ユーフォルビア・バイオエンシス [Index] [Back]

Euphorbia baioensis

Euphorbia baioensis

ケニアが原産です。棘のある多肉質で、細い柱状、高さは30センチほどになります。棘は2個ずつつきます。花は黄色い杯状花序に咲きます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia baioensis。英名はありません。
Euphorbia baioensis belongs to the family Euphorbiaceaeトウダイグサ科 (the Spurge family). It is an evergreen herb that is native to Kenya. This herb is spiny succulent, slender columnar, and can reach up to 30 cm in height. The thorns are in pairs. The flowers bloom in the yellow cyathis.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp