ユーフォルビア・カラキアス

Euphorbia characias

Euphorbia characias

Euphorbia characias

Euphorbia characias

Euphorbia characias

Euphorbia characias

ヨーロッパの地中海沿岸に分布しています。本種には、異なる地域
に見られる2個の亜種があります。アラキアス亜種はポルトガルから
クレタ島に、ウルフェニイ亜種は南フランスから小アジアに生息しま
す。乾燥したところを好んで生え、高さは90〜120センチになりま
す。葉は狭い披針形で、青緑色です。3月から5月ごろ、茎の先の杯
状花序に、小さな黄緑色の花を咲かせます。傷つけたときに出る白
い乳汁は有毒で、皮膚被れの原因になります。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
characias。英名は Large Mediterranean spurge、Bush spurge。
Large Mediterranean spurge (Euphorbia characias) belongs to the
Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is
native to the coastal areas of the Mediterranean Sea. There are two main
subspecies that are found in different regions. Euphorbia characias ssp.
characias occurs from Portugal to Crete, and Euphorbia characias ssp.
wulfenii occurs from southern France to Asia Minor. This herb grows
preferably in dry areas, and can reach 90-120 cm in height. The leaves are
narrow lanceolate and bluish green. The small yellowish green flowers
bloom in the terminal cyathia from March to May. The white, milky sap is
poisonous and a skin irritant.
[上・中1〜3] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[中4・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp