ユーフォルビア・コオペリ (瑠璃塔)

Euphorbia cooperi

Euphorbia cooperi

Euphorbia cooperi

アフリカの東南部、タンザニアから南アフリカにかけて分布していま
す。柱状で4〜6稜があり、高さは3〜6メートルほどになります。園
芸上では「るりとう(瑠璃塔)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
cooperi。英名は Candelabra tree, Transvaal candelabra tree。
Candelabra tree belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an
evergreen perennial herb that is native to southeastern Africa, Tanzania to
South Africa. It is columnar with 4-6 ribs and can reach 3-6 m in height.
[上・中] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp