ユーフォルビア・コティニフォリア [Index] [Back]

Euphorbia cotinifolia

Euphorbia cotinifolia

Euphorbia cotinifolia

メキシコから熱帯アメリカに分布しています。成長が早く、高さは3〜4.5メートルになります。幹は紫色を帯び、しなやかで、銅紫色の薄い卵形の葉をつけます。耐寒性はなく、霜が近づくとすべての葉を落葉します。春に、緩やかな花序をだし、黄白色の花を咲かせます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の落葉小低木で、学名は Euphorbia cotinifolia。英名は Mexican shrubby spurge, Caribbean copper plant。
Mexican shrubby spurge belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is a deciduous shrub that is native to Mexico to tropical America. This shrub grows quickly and can reach 3-4.5 m in height. The stems are purplish and flexible, and hold coppery-purple thin ovate leaves. This shrub defoliates all its leaves if closing to a frost. Loose flower clusters have small creamy white flowers in spring.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp