ユーフォルビア・クリスタータ [Index] [Back]

Euphorbia lactea cv. Cristata

Euphorbia lactea cv. Cristata

Euphorbia lactea cv. Cristata

Euphorbia lactea cv. Cristata

Euphorbia lactea cv. Cristata

インドやスリランカが原産です。ラクテア種はサボテンに似た多肉植物で、茎には3〜4稜があり、高さは2.1メートルほどになります。本種は怪物のような外観をもつ園芸品種で、茎頂は扇子のような形状となります。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑小低木で、学名は Euphorbia lactea cv. Cristata。英名は Candelabra plant, Elkhorn。
Candelabra plant belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an evergreen shrub that is native to India and Sri Lanka. This shrub is a succulent cactus-like plant with 3-4 angled stems and can reach 2.1 m in height. This cultivar 'Cristat' is a monstrous form with fan-shaped crested stems.
[上・中1〜2・下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)
「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 静岡県伊豆の国市田京「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp