ユーフォルビア・エノプラ (紅彩閣)

Euphorbia enopla

Euphorbia enopla

Euphorbia enopla

南アフリカのケープ地方が原産です。6〜7稜のある柱状で、高さは
1メートルほどになります。よく分枝して、赤色の棘があります。小さな
黄色い花を咲かせます。和名では「こうさいかく(紅彩閣)」と呼ばれ
ます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
enopla。英名はありません。
Euphorbia enopla belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an
evergreen succulent herb that is native to Cape Province of South Africa.
The stem is columnar with 6-7 ridges and can reach about 1 m in height.
This herb is much branched and has reddish spines. The small yellow
flowers come in.
[上] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中・下] 同上にて、2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp