ユーフォルビア・フラナガニー [Index] [Back]

Euphorbia flanaganii

Euphorbia flanaganii

南アフリカの東ケープ州が原産です。乾燥した砂質の草原や山地の斜面に生えます。塊根を形成するユーフォルビアの一種です。これは背が低くて棘がなく、よく分枝する多肉植物で、高さは5センチ、幅は30センチほどになります。一般には「メデューサプラント」として知られますが、そのうつ伏せになり、絡まった髪の毛を想起させる、蛇のような腕のためです。葉は線形で、長さ10ミリ幅1ミリほどです。黄色い花のような器官を、杯状花序につけます。全草で、肌荒れやそう痒、全身の不快感の原因となる苛性の乳汁を出します。園芸上は「孔雀丸(くじゃくまる)」と呼ばれます 
トウダイグサ科トウダイグサ属の落葉多年草で、学名は Euphorbia flanaganii。英名は Medusa plant。 
Medusa plant (Euphorbia flanaganii) belongs to the Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a deciduous perennial herb that is native to South Africa, Eastern Cape. This herb grows in arid sandy grasslands and mountain slopes. It is one of the caudex-forming Euphorbias. This is a low, spineless, many-branched, succulent to 5 cm tall and 30 cm wide. It is commonly known as Medusa plant, because its prostrate, snake like arms resemble locks of hairs. The leaves are linear, to 10 mm long and 1 mm wide. It produces small, yellow flower-like structures at cyathia. The whole plant produce a caustic milky sap that can cause skin rash, itching and general discomfort. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp