ユーフォルビア・グランディコルニス [Index] [Back]

Euphorbia grandicornis

Euphorbia grandicornis

Euphorbia grandicornis

アフリカのケニアと南アフリカが原産です。高さは1.5〜2メートルになります。茎は基部で分岐して、3稜があります。稜は波打ち、長さ2〜5センチの対になった褐色または灰色の棘があります。果実は黄色から珊瑚色に熟します。園芸上は、「きりんかん(麒麟冠)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia grandicornis。英名はありません。
Euphorbia grandicornis belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is native to Kenya and South Africa. The herb can reach 1.5-2 m in height. The stem is furcated at the base, and triangular. The angles are undulate with brown or gray brace spines. 2-5 cm long. The fruits ripen yellow to red coral. It is also called Cow's horn because of the cow horn-like spines.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp